中高年の転職の狙い目に付いてご紹介。

企業で必要な中高年 中高年の転職について

中高年の転職の狙い目に付いてご紹介。







      

企業で必要な中高年

企業側でも欲しがる中高年とはどのような感じでしょうか?
まず、企業で欲しくない中高年像をあげてみます。
中高年 転職を考えている方は考えてみて下さい。

結果の出る人はやっている就職活動4つの解法


・IT技法についていけない。年齢と共に気力も体力もなくなってしまっています。
・新しいことに興味を持てない、好奇心や想像力もない。
・過去に固執しすぎている、高年齢特有の頑固さがあります。
・新しい技法を身につけることに消極的。
・過去の収入を自分の能力だったと信じ過ぎているところ。
・人を了解させるほどの行動力はないが口だけ出す。
・問題点を会社や社会に責務を押し付けて解決しようと努力をしない。
・学歴、肩書きにこだわり気になっている。

以上を考えてみて、了解がいかないと思う方では転職は無理です。
ただ、見直す必要があると感じていればまだまだ可能性があるようです。
今の企業では新しいことにポジティブに取り組めてITに関してもどんどん先に進める人間でないと仕事にならないと推察されますが。
一例を参照するならば、例えば、取引先のお客様とのやりとりでもメールの使用が当たり前になってきている中。
それさえも出来なければ、話にならないと思いませんか?

逆に企業が欲しがる中高年像もあげてみます。

・過去のキャリアで得ている知識で状況に応じて行動が出来る。
・不測の事態が起きても経験から解決する能力をもっている。
・その業界にて人脈がある。
・職務の中で規則をきちんと厳守出来て、秩序を守れる。
・熟練により確かな技法や能力を持っている。
・確かなスキルにより案件の計画と開発力を持っている。
・部下の適性を見極め指導力があり、育てられる。
・対人関係も上手にいき、顧客からも評価を得ている。
この様な中高年 転職者は企業としても欲しがる人材になります。



Copyright (C) 2015 中高年の転職について All Rights Reserved.


人手不足の職種とは 履歴書志望動機の書き方 就職のための面接対策 再就職に役立つ資格 40代からの転職 面接での自己PRの方法 IT起業の方法 就活必須マニュアル 就職のための面接対策 リストラ 対策にすべきこと 中高年の転職について