中高年の転職の狙い目に付いてご紹介。

中高年が不採用になる5つの理由 中高年の転職について

中高年の転職の狙い目に付いてご紹介。







      

中高年が不採用になる5つの理由

中高年 転職の不採用になる理由は5つ挙げられます。
中高年 転職は厳しいものになります、不採用が続いている人には5つの理由のどれかが当てはまります。

中高年はなぜ採用されにくいのでしょうか?
それを知ることによって転職の活動に役立つと思いますが。

不採用になる5つの理由
1.キャリアに見合っていない
企業は年々レベルが高くなっています。
若手なら意欲だけでも採用される事もあるが、年齢が高くなるにつれキャリアが合否をわけるようになります。
中高年 転職に期待されているのは専門の即戦力です。
同じ様な即戦力を持つ人がいれば、より高い即戦力を求められます。
自分の力と見極めておくのも必要です。

2.誇りを高く持っている為に仕事を選択してしまう。
これまでの経験と実績で積み重ねてきたものから了解できない仕事はやりたくないと思っている人がいます。
しかし、企業側からは扱いが難しいので懸念されがちです。
時には現在までの企業での仕事経験などを変える事も必要なのではないでしょうか?

3.キャリアは持っているが共同声明ーションへの能力が乏しい
専門的な事への能力は高く持っていて、技術的にはレベルが高くても、企業に入れば機構の人間として会社に馴染むことが必要です。
専門的な技術を高める為に人との共同声明ーションを怠っている人がいます。
共同声明ーションが不得手な人は面接のやりとりが出来ません。

4.過去の実績も謙虚に出しましょう。
自分の実績を強調するあまり、過去にいた会社の話題になってしまいがちです。
実績は大切ですが、これからの企業に合わせられる人間かどうかを見る際にはマイナスになってしまいます。
謙虚になり過ぎるのも自信がないように見られてしまうので、気をつけることです。

結果の出る人はやっている就職活動4つの解法

また、あまりにも自信のない返答もしないように、前向きに考えましょう。

5.管理業務を甘く考えていないでしょうか?
中高年 転職に多く求められているのは管理職なのですが、管理職は予想以上に大変なスタンスだと思いますが。
リーダーとして管理、スタッフの経営管理は大変です。
管理職の心構えを持ちましょう。

以上が不採用になると言われる5つの理由です。
不採用を繰り返す方には思い当たるのではないでしょうか?

募集している企業を見ても現在までの仕事から考えると経験のない仕事が見過ごせないほど多いように思いますが。
ただ、過去に固執するのは枠が狭くなるだけです。
幅を広く企業を選ぶのがおすすめです。
全然未知企業でも過去の経験やキャリアが無駄になってしまうことは決してありません。
逆にこれまでの経験を活かす努力をすることが大切なのではないでしょうか?



Copyright (C) 2015 中高年の転職について All Rights Reserved.


就活必須マニュアル 就職のための面接対策 再就職に役立つ資格 40代からの転職 就職のための面接対策 リストラ 対策にすべきこと 人手不足の職種とは 面接での自己PRの方法 中高年の転職について IT起業の方法 履歴書志望動機の書き方